おまきざるの自由研究

好奇心の赴くままに

君は2つのマクドナルド理論の末路を知っているか?

【スポンサーリンク】

理論とは?

「理論とは何ぞや?」と聞かれたらあなたはどう説明するでしょうか?

広辞苑(岩波書店第5版)にはこう書かれています.

り‐ろん【理論】
(1)(theory)
 (ア)科学において個々の事実や認識を統一的に説明し、予測することのできる普遍性をもつ体系的知識。
 (イ)実践を無視した純粋な知識。この場合、一方では高尚な知識の意であるが、他方では無益だという意味のこともある。
 (ウ)ある問題についての特定の学者の見解・学説。
(2)論争。〈日葡〉

 

逆引き広辞苑で「理論」とひけば,いくつもの○○理論が出てきます.その多くは(ア)の普遍性をもつ体系的知識」に該当します(現時点では)

その一方,(ウ)にすら至らない"theory"も世の中にはたくさんあります.その一つ,いや二つがマクドナルド理論(McDonald's Theory)でした.

とあるマクドナルド理論

このマクドナルド理論を聞いたことがある方は少なくないかもしれません.

職場でのお昼時,どの店でランチを食べるのか決めようとしていたとき,誰もアイデアを出さなかったとします.そのとき,このマクドナルド理論の発案者John Bell氏は「マクドナルド」を勧めました.

すると,「マクドナルドには行かない」と皆が全会一致し,より良いランチの提案が現れるのです.(原著を意訳) 

f:id:browncapuchin:20171007042842p:plain

 

2013年5月の「マクドナルド理論」を使うとより優れたアイデアが出てきてプロジェクトが進行する - GIGAZINEにはこうあります.

Bellさんのマクドナルド理論とは「実行可能なアイデアのうち最低のもの」を提案することによって、ディスカッションが始まり、人々が急にクリエイティブになることを言います。最悪のアイデアを実行しないために、人々はよいアイデアを出そうとするのです。 

このマクドナルド理論は,マクドナルドをランチで選択しうる最低のお店としています.Bell氏がそう思った至った理由はわからないけれど,当時のマクドナルドの業績が芳しくなかったことは確かです.

f:id:browncapuchin:20171007041401p:plain

http://corporate.mcdonalds.com/content/dam/AboutMcDonalds/Investors/2016%20Annual%20Report.pdf

Bell氏のマクドナルド理論は本人が"Medium"(https://medium.com)で公表したものです.その時期は2013年4月末と思われます.思われます,というのはこの記事がすでに消去されているので今となっては確かめようがないからです(筆者は2017年5月に原著を目にしていましたが保存する前に消されてました).ただし本文は本人のページのリンクに残されていますMcDonald’s Theory – UX Launchpad – Medium

もし,Bell氏自身が提案したマクドナルド理論に自信を持っているのなら記事を消去する必要はないでしょう.しかしながら,記事を引っ込めたということは,この"theory"は普遍性はおろか見解としても成立しないと自ら悟ったと思われても致し方ありません.

もしかしたら,その後の米マクドナルド業績回復を鑑みてマクドナルドを最低のアイデアとして引き合いに出すのはマズイと考えたのかもしれませんね.

f:id:browncapuchin:20171007061524p:plain 

もうひとつのマクドナルド理論

マクドナルド理論はBell氏のもの以外にもう一つあり,実はこちらのほうが先に提出されています.それは2000年に出版されたトーマス・フリードマン著『レクサスとオリーブの木』下巻冒頭pp.8-9に書かれている「黄金のM型アーチ理論」です.

1999年の半ばの時点で,マクドナルドを有する任意の二国は,それぞれにマクドナルドができて以来,互いに戦争をしたことがない.(中略)

自分が立てた命題にひどく興味をそそられたので,イリノイ州オークブルックにあるマクドナルド本社(筆者注:本社は今もそこにあり2016年5月には賃上げデモによって一時的に閉鎖された)にあるマクドナルド本社を訪れて,これを伝えた.相手もかなり興味をそそられたため,わたしは,マクドナルド社内の研究訓練施設,マクドナルド大学に招かれて,数人の国際管理職を相手に理論の検証をした.マクドナルドのほうは,社内の国際専門家全員がわたしのモデルを調べて上で,やはり例外が見つからないことを確認した.(中略)

このデータを武器に,わたしは"紛争防止の黄金のM型アーチ理論"を提唱する.当理論では,ある国の経済が,マクドナルドのチェーン展開を支えられるくらい大勢の中流階級が現れるレベルまで発展すると,そこはマクドナルドの国になる,と規程する.マクドナルドの国の国民は,もはや戦争をしたがらない.むしろ,ハンバーガーを求めて列に並ぶほうを選ぶ.(青太字は筆者による)

フリードマンのマクドナルド理論は,当時は確かに妥当でした.けれど,「後にコソボ紛争(アライド・フォース作戦)と南オセチア紛争(2008年)が起きたことで批判を浴びている」トーマス・フリードマン - Wikipediaとのことです.

ちなみに今はイスラエルとレバノンにもマクドナルドの店舗があります(Discover McDonald's Around the Globe :: McDonald’s).でもイスラエルとレバノンの間では2006年に紛争が勃発しています(レバノン侵攻 (2006年) - Wikipedia).

したがって,フリードマンのマクドナルド理論も普遍性を欠くため残念な"theory"と言わざるを得ません.

ちなみにフリードマンはやがてイランにもマクドナルドが進出すると予想していました(pp.30-35の「イランにマクドナルドが来る日」の末文はこうです:「イランの石油資産が底をつきかける日を,教えてくれないか.そうすればゴルバチョフ師がここに登場する日を教えよう」そして,マクドナルトの黄金のアーチが登場する日も)が,米国の対イラン経済制裁は今だに解除されていないことを付け加えておきます.

注:マクドナルドのロゴマークの黄色い「M」からマクドナルドは"The Golden Arches"とも呼ばれているとのことです(マクドナルド - Wikipedia).

本のお代は・・・

2つのマクドナルド理論の末路が示すこと

以上,二つのマクドナルド理論をざっと紹介しました.どちらも思いついた時点ではそれなりに機能したかもしれません.しかしながら,Bell氏のマクドナルド理論は本人が引っ込めてしまいました.フリードマンのマクドナルド理論は反証の憂き目に遭っています.

とある2つのマクドナルド理論の末路が物語るのは理論と思いつきの彼我の差です.

SNSの発達で自分の「思いつき」を発信するのはたやすくなりました.それが拡散されるのも速くなり,同時に検証もされやすくなりました.

私が大学生の頃,世界のどの国にマクドナルドの店舗があって,その国同士で紛争・戦争が起こったどうかを調べるのはかなりの大仕事だったはずです.それが今では自宅やオフィスあるいはスタバで,いやちょっと立ち止まってスマホで調べればすぐわかってしまいます.

自分の意見や思いつきをtheory・理論と呼ぶのは自由です.しかし,それが理論に値するかどうかはいともたやすく検証される時代になりました.筆者にも思いつきでこうだと述べるエントリーが多々あり,その都度厳しい手斧を打ち込まれます.

だからこそ発信する際には少なくとも引用元をはっきりさせるなど根拠の提示には気を配っているつもりです.

以上,自戒を込めたエントリーでした.

ではまた