おまきざるの自由研究

好奇心の赴くままに

ABO式血液型の基礎知識:血液型性格診断にだまされないために

【スポンサーリンク】
f:id:browncapuchin:20160305110325j:plain

A型はなぜA型なのか,B型はなぜB型なのか,AB型はなぜAB型なのか,そしてO型はなぜO型なのか,という基礎知識を持つ人が増えればABO式血液型性格診断・血液型占いなどがはびこらない,もう少し違った世の中になるかもしれないと思います.

はじめに

「血液型占い」はじめ,「血液型と性格」や「血液型と病気」の関連など,日本人はこの手の血液型にまつわるお話がとても好きです.色んな意味で.

たぶん占い自体が好きなことに加えて,類型分けすることが好きなのかもしれません.

このエントリーの主題であるABO 式血液型もとても類型分けしやすいです.基本的にA型,B型,AB型,そしてO型の4つ(この点については後述します).

日本には四季のせいか「4」にまつわる色んな言葉があります.ちょっと思いつくだけでも四天王,四強,四季報,四暗刻,四角四面などなど.九州にいくつの県があるか即答できなくても,四国なら愛媛,香川,高知,徳島ってすぐ言えます.ちょっと前には類人猿分類診断(オランウータン,ゴリラ,チンパンジー,ボノボにあてはめるらしい)なんてのも登場しました.これも4分類.その善し悪しはさておき,「4」という数字・分類は覚えやすいです.覚えやすいから使いやすい.マジックナンバー4についての論文も出ているほどです(全文読めます:The magical number 4 in short-term memory: A reconsideration of mental storage capacity

そして日本人のABO式血液型はA型約40%,B型約20%,AB型約10%,O型約 30%と他国ほど極端な分布ではありません.

これがAB型1%だったらどうでしょう?空気読めよって言われます.

今の日本は,ばらつきはあるもののたまたま全国にそれなりの分布で各血液型の人がいるからこそ,血液型占い・血液型性格診断が共通の話題になりやすいのかもしれません.例えばメキシコはA型約25%,B型約8.5%,AB型1.5%,O型65%(ABO式血液型 - Wikipedia)と,AB型は希少すぎる存在.そこに性格を当てはめても共感されにくいでしょう.

ただし,共感するのと科学的証拠があるかどうかは別問題.

「希少」という言葉が出たので,引用します.

 稀にしか見られない血液型を希血(まれけつ)といいます.日常生活で問題となることはないので,一生知らずに過ごすこともあります.
 希血とわかるのは,輸血や献血のときです.献血された血液は輸血に重要なABO式やRh式の検査は必ず行われますが,輸血に関係のない血液型の検査が行われるとは限りません.そのため,48回目の献血にして始めて,希血であることを知った人もいるくらいです.(『図解入門 よくわかる最新血液型の基本としくみ・血液型のメカニズムを図解で学ぶ』, p.14:以下この本は著者名・出版年から松尾 2009と表記)


希血はABO式血液型にもあります.例えばボンベイ型とパラボンベイ型(松尾 2009, p.15およびpp.56-57).ただし日本人には文字通りごく稀にしかみられないそうです.

『金田一少年の事件簿 吸血鬼伝説殺人事件』にボンベイ型が登場してました.


日本人には稀にしか見られないとはいえ,稀血を含めればABO式血液型は4種類ではすみません(A型,B型,AB型それぞれの亜型を含めればもっとあります).また,血液型はABO式だけではなく,松尾 2009, p.15の稀血登録状況の表に記載されているだけでもRh式,MNSs式,Kell式,P式,Lutheran式,Diego式,Kx式,I式,Gerbich式,OK式,JHM式,Dombrock式,高頻度抗原式.ほかにもたくさんあり,その数はなんと300あまり.

もし血液型と性格に関連があるのなら,これら数多く存在する血液型それぞれについても血液型性格診断が普及して然るべきですが,そうはなってません.

こんな話もあります.

1932年に出版された『血液型便覧』には,ドイツ人に割合が高いA型に対しては,「知能」「勤勉」などプラスのことが書かれ,ユダヤ人やアジア人に割合が高いB型にたいしてば,「暴力犯罪者」「精神薄弱者」「感染に弱い」などマイナスのことが書かれています.この本によると,A型は排便をすぐにするけれど,B型は40分かかるといいます・・・.この性格診断,当たっていますか?(松尾 2009, p.14)筆者注:なお,血液型性格分類 - Wikipediaにも同様のことが記載されてますが,その出典も松尾 2009.ただし,国立国会図書館にて『血液型便覧』で検索したがヒットしませんでした)

 

A型は優秀だけどB型はそうじゃない.非常にステレオタイプでプロパガンダにもってこい.

さてあなたは数多く存在する血液型のうち,都合良くABO式血液型だけを,しかもこれまた都合良くマジックナンバー4だけを用いた血液型性格診断を信じますか?

学者は否定してきたけれど

戦後の「血液型占い」現象は1971年に出版された能見正比古著『血液型でわかる相性ー伸ばす相手,こわす相手ー』が発端とされています(能見正比古 - Wikipedia).

その後も無数の血液型占い・血液型性格診断本が出版され,さらにはTV番組でもとりあげられて,広くあまねく日本中に普及されてしまいました.あなたが信じる信じないは別として,こうなってしまうと払拭するのは非常に困難です.

それでも学者たちは「血液型と性格に関連はない」と何度か論文で発表しています.縄田健悟(2014)『血液型と性格の無関連性ー日本と米国も大規模社会 調査を用いた実証的論拠ー』(https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpsy/advpub/0/advpub_85.13016/_pdf) によると,松井(1991),長谷川(1988),久保・三宅(2011)それに縄田(2014)の研究などが,血液型と性格に関連性が見られてないことを示しているとのことです(久保・三宅と縄田しか読んでないので孫引きです.松井論文は論文執筆時の所属大学が消滅してました).私は血液型占いも血液型性格診断も真っ赤な嘘と考えていますので,これらの研究を支持します.

ですが,心理学者たちが決して傍観してたわけではないけれど,論文を書いただけじゃ効果はないのもまた事実と言えます.

かように普及している血液型にまつわる話ですが,ある調査によると,血液型を聞かれることが不快と答えたのは男性18.4%,女性13.1%,特にB型の男性は33.3%とやたら不快に思うらしいです(血液型を聞かれることが嫌な人は15.7% 圧っっ倒的に目立つB型の人たちの声! – しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!).そういう人への配慮も欲しいものです.

ではABO式血液型の基礎知識に移ります.

基礎知識1:ABO式血液型を決定する物質は何?

血液は,約55%が血球(赤血球,白血球,血小板など),45%が血漿です.すべてに血液型血液内にある血球の持つ抗原の違いをもとに決めた血液の分類血液型 - Wikipediaより)が存在します.なお,血液型はABO式以外にもたくさんあることはすでに述べましたがこのエントリーで扱うのはABO式血液型だけです(話をわかりやすくするためフコースや修飾等については割愛しました)

ABO式血液型は,赤血球にある物質がくっついているかどうかで決定されます.

その物質は「糖」.そう,「美味しいものは脂肪と糖でできている」の糖です.

・A型は,赤血球にN-アセチルガラクトサミンという糖がくっついています.
・B型は,赤血球にガラクトースという糖がくっついています.
・AB型は,赤血球に両方の糖がくっついています.
・O型は,赤血球にどっちもくっついてません.

ざっくり言えば,
A型→糖あり(N-アセチルガラクトサミン)

B型→糖あり(ガラクトース)
AB型→糖あり(N-アセチルガラクトサミン&ガラクトース
O型→糖無し(無糖)

赤血球には「糖鎖」があるので無糖はちょっとざっくりしすぎかもしれませんが,O型の赤血球にはN-アセチルガラクトサミンもガラクトースもくっついていません.

たったこれだけです.

ここで糖鎖という耳慣れない言葉が出てきました.N-アセチルガラクトサミンやガラクトースという「糖」がくっつく物質とだけ言っておきます.「糖鎖」に「糖」がくっつくのです.赤血球の表面の膜に「糖鎖」があり,その「糖鎖」に「糖」がくっつきます(結合します).

この「糖鎖」ですが,赤血球にくっついている糖鎖はABO式血液型の4つとも同じ

赤血球の糖鎖の基本はO型の赤血球のタイプで「H型糖鎖(H型物質)」と呼ばれていて,H型糖鎖がA型・B型・AB型・O型の赤血球にくっついています.そしてH型糖鎖に糖が結合します

 

A型の人はN-アセチルガラクトサミン転移酵素を作る遺伝子を持っています(酵素もタンパク質).だからN-アセチルガラクトサミンが付加する.その過程は次の通り.

N-アセチルガラクトサミン転移酵素を作る遺伝子がある
→N-アセチルガラクトサミン転移酵素が作られる
→作られたN-アセチルガラクトサミン転移酵素が働く
→赤血球にくっついている糖鎖(H型)の先にN-アセチルガラクトサミンが付加する(http://pdbj.org/mom/156).

「よくわかんないけど,糖をくっつけられる遺伝子があるから糖がくっつくんだって」ということで概ね良いでしょう.

B型の場合も同様です.B型の人はガラクトース転移酵素を作る遺伝子を持っています(酵素もタンパク質).ガラクトース転移酵素の働きによって,赤血球にくっついている糖鎖(H型)の先にガラクトースを付加させることができます.

AB型のヒトは両方の転移酵素を持っているので,N-アセチルガラクトサミンとガラクトース両方がそれぞれの糖鎖に結合できます.

O型のヒトは転移酵素をもっていない(転移酵素の遺伝子がない)ので,N-アセチルガラクトサミンとガラクトース両方とも糖鎖に付加できません.「O型は遺伝子ないから糖がくっつかないんだって」ということでOKです.

 

f:id:browncapuchin:20160304140733p:plain
出典:糖鎖講座 ABO式血液型 - 株式会社ヴァーグ


繰り返します.A型,B型,AB型,O型は,赤血球にくっついている糖鎖は同じ(H型)です.でも糖鎖にくっつく糖の種類が違う.その結果,ABO式血液型の違いが生じる.これが最も重要な基礎知識です.

ABO式血液型についての説明が読みにくいと感じた方は,会話形式で書いた拙エントリーをご笑覧ください.

ABO式血液型の違いは糖の有無で決まる【女子大生との会話より】 - おまきざるの憂鬱

なお,ボンベイ型はH型糖鎖をもっていません(フコース転移酵素がない).したがって,N-アセチルガラクトサミンもガラクトースも結合しません.

糖の有無に関連する転移酵素が性格と関連しているなら話は別ですが,今のところ,性格に関連するという研究は聞いたことがありません(こういうのはありますがどうなんでしょうね?ABO Blood Type and Personality Traits in Healthy Japanese Subjects

基礎知識2:混ぜるな危険

A型の人の赤血球(の糖鎖)にはN-アセチルガラクトサミンという糖がくっついてることはわかったと思います.では,糖がくっつくと何が起きるのでしょうか?

その前に,ハチに2回刺されると危ないって話は聞いたことがあると思います.これは,1回目にハチに刺されたときに体内に入ってきたハチの毒を体内の免疫系の働きによってハチの毒(抗原)に対する抗体が作られます.そして,2回目にハチに刺されてまた毒が体内に入ってきたとき,抗原に対して抗体が働きます.異物である抗原を,抗体が排除するのです.これを抗原抗体反応といいます.

例えばA型の血液とB型の血液を混ぜると血液が固まったり赤血球が溶血によって壊れてしまいます.これは抗原抗体反応によって起こります.

つまり,こういうことです.

◆A型:ガラクトースが結合したB型赤血球は異物=抗原
A型の人はB型に対する抗体をもつ.

◆B型:N-アセチルガラクトサミンが結合したA型赤血球は異物=抗原
B型の人はA型に対する抗体をもつ

◆AB型:N-アセチルガラクトサミンとガラクトース両方が結合した赤血球をもっている→異物=抗原ではないからAB型はA型B型どちらに対する抗体もない.

◆O型の人はN-アセチルガラクトサミンとガラクトースそれぞれが結合した赤血球をもっていないのでどちらも異物=抗原
→O型はA型とB型両方に対する抗体を持つ.

◆ボンベイ型はO型同様にA型とB型両方に対する抗体を持つ上,H型糖鎖がないからO型赤血球も異物→O型に対する抗体を持つ(としておきます)このため,ボンベイ型の人にはボンベイ型の血液しか輸血できません.O型の方は自分がボンベイ型かどうか一度調べておいたほうがいいかもしれませんね.

A型の人の血液をB型の人に輸血すると,輸血によって体内に入ってきたA型の赤血球=抗原に対してB型の抗体(抗A抗体)が働きます.抗A抗体は抗A凝集素とも呼ばれます.そう,A型の人の血液をB型の人に輸血すると,血が固まってしまうのです.逆もそうです.なお,抗体は血液の血球成分ではなく,血漿成分中に存在します.

また,A型またはB型の血液をAB型に輸血しても,AB型はA型B型どちらに対する抗体=凝集素がないため,血は固まりません.

O型の赤血球にはN-アセチルガラクトサミンとガラクトースがありません.だから,O型の赤血球には抗原が存在しないのです.このため,O型の血液はA型,B型,AB型,もちろんO型に輸血しても血が固まりません(上述のようにボンベイ型を除く).輸血された方の体内で抗原抗体反応が起こらないからです.ただし,今では緊急時を除けば同じ血液型同士で輸血することになっているとのことです.

【スポンサーリンク】

 

おわりに

ちなみにネコの血液型はA,B,ABに区分されており(O型がない),イヌはABO式ではなくDEA式血液型が用いられています(獣医療におけるイヌ・ネコの血液型判定について).というのもイヌの血液はヒト凝集試験だとA型に判定が出てしまうからです(人血の証明|法科学鑑定研究所).これじゃイヌにはABO式血液型性格診断を当てはめられませんよね.

ところで,遺伝子と性格には何らかの関係はありそうです.「性格関連遺伝子」で検索すると,京都大学野生動物研究センター村山美穂教授のHPがヒットしました.

ドーパミンやセロトニンなどの脳内神経伝達物質の受容体や輸送体のDNA多型が、ヒトの性格と関連すると言われています。進化過程においてDNA多型が生じてきた様子を調べています。また、身近な動物であるイヌについても、性格に関与する遺伝子を探しています。
セロトニン分子(写真)の輸送体遺伝子のプロモーター領域の多型は、不安を感じやすい傾向と関係があると言われています。(過去の研究成果

村山教授らは,ABO式血液型はすべてB型であるゴリラについても調べています(学会発表要旨ですが,ゴリラの性格関連遺伝子の多様性を参照).

ABO式血液型ではすべてB型のゴリラですが,一頭一頭の個性がとても豊かなのは,ゴリラ研究でつとに有名な故ダイアン・フォッシーによる『霧の中のゴリラ』に描かれています.


原作は映画化されており,『エイリアン』シリーズの主演を張ったシガニー・ウィーバーがダイアン・フォッシー役を熱演.

 

話がそれました.ABO式血液型ではB型しかいないゴリラについて個々の性格の違いを遺伝子から説明できるのであれば,ABO式血液型性格診断がなんとむなしいことかきっと如実になるでしょう.

ABO式血液型については糖鎖や血液型物質を称することについてまだ書きたいことがありますが,このエントリーはここまでといたします.長文にもかかわらず最後までお読いただいたこと,感謝いたします.

ではまた!