おまきざるの自由研究

好奇心の赴くままに

覚えておきたい生物分類階級の豆知識【女子大生との会話より】

【スポンサーリンク】
f:id:browncapuchin:20160503144248p:plain

 はじめに:会話設定

某女子大で生物系の講義を担当中の尾巻講師(いつも白衣着用)が大学3年生の都子さんと大学内で立ち話をしています.

●都さんは尾巻講師のとある講義を履修していて,前週の講義で授業内試験を受けました.

この前提のもと,生物分類階級の豆知識について,2人の会話形式でお送りします. 

女子大生と講師による分類階級の会話

 

都子さん,この間の試験よくできてましたね.

 

 

でしょう!ちゃんと勉強したんですから〜

 

 

でも,分類階級の問題,「綱」「網」って書いてたね.

 

 

え〜!間違えちゃった〜.てへぺろ

 

 

てへぺろじゃないでしょ・・・でも,たしかに間違えた学生がけっこう多かったです.漢字,似ているからねえ

 

 

そうそう!まぎらわしいんですよ〜

 

 

たしかにまぎらわしいけど,分類階級の意味を押さえてればそんなに間違えないよ.ちょっと復習しようか

 

 

お願いしま〜す

 

 

分類階級は細かく分けるといろいろあるけど,基本は7つだったね

 

 

はい.え〜っと,界,門,網じゃなくて(もく),です!

 

 

そうそう,界,門,綱,目,科,属,種だね.じゃあ界からみていこうか

 

 

界という分類階級は英語で"kingdom",王国だね.界を動物界,植物界の2つに分ける考え方を二界説というんだけど,ほかにも三界説,五界説,六界説,八界説なんていうのもあるんだ

 

 

でも,動物界と植物界があるのはどの説も一緒ですよね?

 

 

そうです.だから少なくとも動物界と植物界だけは憶えてほしいね

 

 

は〜い

 

 

界の次は門.英語で"phylum"(ファイラム).
分類階級はリンネ(カール・フォン・リンネ)という人が1735年に著した『自然の体系』がベースになってるんだけど,それには門はなかったんだ.門という分類階級は19世紀になってから追加されたんだよ

 

 

そうなんですか〜.分類階級は時代とともに変わっていくんですね

 

 

次は綱,英語で"class".学級のこともクラスっていうことを覚えておけば網"net"とは間違えないよ

 

 

今ので憶えた・・・

 

 

アヌビス神のスタンドですか.ちなみにそのセリフは『ジョジョの奇妙な冒険』コミック文庫13巻「アヌビス神」その④に登場してるよ

 

 

忘れてください.真面目にやります

 

 

 

つまり,リンネの時代は界を除くと綱が一番上の分類階級だったんだよ

 

 

ふんふん

 

 

目は"order",順序や秩序だね.科は"family"

 

 

属は"genus".これは学名の書き方のときに話したよね.

学名は属の名(属名)と種の名(種小名)の2つを使って書く「二名法」で表記するのもリンネが体系化したんだ.『自然の体系』の第10版(1758年)では4236種の動物種を二名法で表したとのことです(『動物分類学の論理,p.11』)

 

 

zzzzz

 

 

今眠ってませんでしたか?髪の色も違ってたような

 

 

何のことですか〜?それより,ウィキペディア見たら属じゃなくて族"tribe"というのがありますよ.なんだかEXILEみたいですね

 

 

族は科と属の間の分類階級だね.もちろん正しく分類するときは使うけど,一般的な分類階級では表記しないことが多い.例えばヒトは学名がHomo sapiens,主な7つの分類階級を使って表記すると「動物脊索動物哺乳霊長ヒトヒトヒト()」となるんだ

 

 

 

つまり,ヒトは1属1種なんですね!じゃあ人種って何なんだろう?

 

 

都さんはたまにものすごく鋭い質問をするね.デリケートな事なのでこのエントリーでは扱いきれないけど,生物学の分類上,肌の色なんかの違いは種の違いには該当しないので,「人種は社会的な概念であって、生物学的には実体がない」という意見があります

 

 

そうなんだ〜.あ,そろそろバイトの時間なので帰りま〜す.ありがとうございました!

 

 

はい,さようなら.(ワシも帰ろう・・・晩ご飯作らなきゃ)

 

 

まとめ

◆主な分類階級は,界,門,綱,目,科,属,種

◆ただし,界の上に「ドメイン」という分類単位もあるようです.また,例えば亜門,上綱,亜綱,下綱,上目,亜目,下目,上族,亜族,亜属などの階級もあります.

◆種をより細かく分類するときには亜種を用います.

例えばニホンザルの学名はMacaca fuscataですが,屋久島に生息しているニホンザル(ヤクシマザル)の学名はMacaca fuscata yakuiです.属名・種小名のつぎに亜種小名のyakuiを用いて表記する三名法が使われています.学名の表記にはラテン語が用いられます.

参考書

このエントリーで用いた参考書です.

 

 


ではまた!