おまきざるの自由研究

好奇心の赴くままに

ファーストフードとは?ファストフードとは?どっちが正しいの?

【スポンサーリンク】

ファーストフード?それともファストフード?

「ファーストフード」に「ファストフード」.

どちらも日頃よく耳にします.でも,どちらが正しいのでしょうか?

どちらが「正しい」のかは,実は使う人の立場によって違ってくるようです.

まず,次のイラストよく見てください.それからお話に入りましょう.

f:id:browncapuchin:20170820151757p:plain

"fast food"の読み方はファストフードまたはファーストフード

イラストの看板には"FAST FOOD"と書かれてますね.

でも,このイラストのタイトルは「ファーストフード店のイラスト」.

そして,説明文には「ファストフードを出すお店」とあります.

"fast food"とファーストフードとファストフードが混在する現状を揶揄するかのような秀逸さ.

ですが,ファーストフードとファストフードいずれもカタカナ語ということは外国語が由来のはず.

どちらも英語で書くと"fast food".そう,お気づきになったでしょうか?イラストには"first food"がないのです.

試しにGoogle翻訳で日本語訳を調べてみました.

f:id:browncapuchin:20160613101625p:plain

 

 翻訳結果は
「ファストフード」でした.

しかしながら,和訳結果の下にこうあります.

名詞
ファーストフード」


f:id:browncapuchin:20170723005448p:plain

「ドーユーコトデスカ?」 

 

これでは埒があきません

そこで,まず「ファーストフード」で検索してみました.トップヒットしたのはウィキペディア.

ファーストフードまたはファストフード(英: fast food)とは、短時間で調理、あるいは注文してからすぐ食べられる手軽な食品や食事のこと。日本語のファーストの文字からは英単語のFirstがまず連想されることもあるが、そうではなく、言語的には「手早い」を意味する英単語のFast(ファスト、フェァスト、ファースト、/fæst/ -米国英語、/fɑːst/ -英国英語)に由来している。(出典:ファーストフード - Wikipedia

 
"fast"の米国英語読みはファスト.

一方,"fast"の英国英語読みはファースト.

「ファーストフード」は"fast food"の英国英語読みでした(注:実際の発音はカタカナじゃ表現しきれませんので電子辞書等でご確認ください).

とはいえ,「英国英語読みだからファーストでいいんじゃない?」という方はそんなに多くないと思います.

スポンサードリンク

 

正しくはファストフード?

『ファーストフード』の解説

一方,こんな「解説」もありました.

ファーストフードとは英語の"fast food"からきたカタカナ語で、意味も英語と同じく「注文して待たずに食べられ、持ち帰りも可能な食品」である。"first"ではなく"fast"からきているので、本来は『ファストフード』というのが正しいが、日本ではイギリス英語の『ファーストフード』という発音で浸透している。ただし、イタリアのスローフード運動が日本でも浸透する中で、スローフードに対してファーストフードという発音はおかしいという意見から、意図的に『ファストフード』と呼ばれる場合もあるが、ファーストフードで完全に定着しているため、なかなか浸透の域にまでは至っていない。(出典:ファーストフード[fast food] - 日本語俗語辞書

 

「本来は『ファストフード』というのが正しい」とのこと.

"fast food"の反対語は"slow food".「スロー」の反対なら「ファスト」と言いたくなります.

例えば,英語で速球は"fastball".

"split-finger fastball"を「スプリットフィンガーファストボール」と言っても,「スプリットフィンガーファーストボール」とは言わないと思います.

【追記】スプリットフィンガーファーストボールも使うのですね.数多ある野球漫画の中でもコンパクトにまとまった傑作:ハロルド作石著『ストッパー毒島』(全12巻)ではファストだったと記憶したもので,すみませんでした.1巻はkindle無料なんですね.全巻お金出して買ったのに・・・

どっちもどっち?

◆ファーストフードもファストフードも,イラストの通りの食べものを指すことは共通しています.厚労省のe-ヘルスネットによれば以下の通りです.

ファストフード(fast food)とは短い時間で提供される手軽な食品や食事のことを言います。日本のファストフードには、ハンバーガーだけではなく、牛丼・天丼・おにぎりなど の御飯類、ラーメンやうどんなどの麺類といった様々な種類があります。ファストフードはどこでも手に入れることができ、安くて、簡単に食べられることもあ り、食事や間食として利用されています。(出典:https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-03-012.html


しかしながら,e-ヘルスネットの別のページでは「ファーストフード」と書いてあったりします.あー・・・

外食とは、食堂やレストランなどの飲食店やファーストフード店・喫茶店・居酒屋・事業所給食などでの食事をさします。(出典:https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-03-005.html

 

少なくとも厚労省では表記が統一されていないことを確認できました.Wikiに書いてあったとおりですね.


◆それはともかく"fast food"の日本語表記には,ファーストフード派とファストフード派の2大派閥があります(出典:ファーストフード - Wikipedia).

1:前項で引用した日本語俗語辞書には「ファーストフード」が定着しているとありました.

それもそのはず.ファーストフード派は国民の7割を占めていました.さらには辞書業界と外食産業がバックアップしています.

日本放送協会(NHK)が2002年度(平成14年度)に行った調査では、「ファーストフード」と言う国民が72%と、多くを占めた。広辞苑(第6版)、明鏡国語辞典(第2版)、ジーニアス和英辞典(第2版)などの見出し語も「ファーストフード」が用いられている。この食事形態の外食産業が加盟する業界団体の日本フードサービス協会も、「ファーストフード」に表記を統一している。

 

2:一方,対抗するファストフード派はマスメディア.

日本のマスメディアでは fast を「ファスト」と発音、表記することに決めているため、共同通信社をはじめとする大手通信社、日本新聞協会,NHK、日本民間放送連盟では「ファストフード」(ローマ字表記:fasutofūdo)を統一表記としている。

 

そのマスメディアが利用してるのが『記者ハンドブック 新聞用字用語集』です.

『記者ハンドブック 新聞用字用語集』の利用も一案

『記者ハンドブック 新聞用字用語集』が2016年3月,6年ぶりに改訂されました.早速購入しました.


『記者ハンドブック 新聞用字用語集』は,「記事は①分かりやすくやさしい文章,言葉で書く②できるだけ統一した基準を守るーという原則に変わりはありません.そのよりどころとなるように心掛けて」編集されたものです.

「ファストフード」は外来語の書き方,用例に分類されています.『記者ハンドブック』によれば,

1.外来語は「元は外国語だが,日本語として使われるようになった

語をいう.
2.一般化していない外国語は極力,使用を避ける.新しい概念で適切な言い換えのないものや,専門語で分かりにくいものは,丸かっこし短い説明を入れるなど工夫する.
3.外来語は片仮名で書き,原音に近く,同時に日本人に読みやすい表記を用いる.ただし,慣用の固定しているものは,これに従う.(p.751)

 
とのことで,"fast food"は「ファストフード」,さらに△が付され,表記が紛れやすい語とされていました(p.739).

普通の人が書く文章はもちろん新聞記事じゃありません.

一字一句記者ハンドブックに従って文章を書く必要はないです.

でも,どんな文章であろうと読み手にとってとってわかりやすく書くのは基本.少なくともファーストフードとファストフードを混在させることは避けましょう.


◆ここまでいろいろ書いてきましたが,現状はファーストフードでもファストフードでもどっちでも良いかもしれません.

新聞記者の方は「ファストフード」と書くでしょうし,岩波書店や日本フードサービス協会ならびに協会企業の職員は「ファーストフード」と書くでしょう.

とはいえ,「ファストフード」 "fast food"さえ覚えておけば,反対語を「セカンドフード」(firstの次のsecond)などとは言わないでしょう.私はファストフード派です.

さて,あなたは"fast food"をファストフードと呼びますか?
それともファーストフード?

ではまた!