読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストじゃない恩師が,「東京は家賃高いから部屋のモノ増やすな」と言ってたけど青森・佐賀あたりならたぶんノープロブレムなことがわかった

【スポンサーリンク】

はじめに


筆者は,大学を卒業してから数年間,関西のとある街で6畳1間の下宿に住んでいた.眠れればそれで十分だった.家賃は2万,風呂無し,トイレ共同,玄関も共同.部屋には前の主が置いていった冷蔵庫とテレビ(でもアンテナにつながってなかった)があった.ガスストーブとテーブルはもらい物を使った.電話機は当時の彼女(今の家人)がプレゼントしてくれた.実家からは『大東京貧乏生活マニュアル』全5巻と布団・毛布1組と寝袋,衣類と靴3足(1足は長靴),あと細々したものを送った.ジョジョの第3部も送っとけばよかったよ.最低限の食器と調理道具(鍋と中華鍋各1),ガスコンロとカーテンは買った.部屋の中でテントを張るほどではなかったが,冬は布団と寝袋を併用しないと耐えられなかった.その部屋で6年間過ごしたが,物はほとんど増えなかった.今思えばあの頃の生活はほぼミニマリストだったのかもしれない.

 

こう書いてみて気になった.ミニマリストの定義ってなんだ?

「ミニマリスト 定義」で検索したらいろんなのがでてきた.断捨離したいくらいだ.でも共通した行動の傾向が一つ見つかった.モノを極力少なくすることだ.

ここでは,日頃モノを極力少なくして暮らす傾向にある人を象徴してミニマリストと呼ぶことにする.

 

では本文にうつります(めんどくさかったら,「ぶっちゃけて言えば」まですっとばしてください).

思考実験というほどではないが


ちょっと頭の体操をしてみよう.

箱があるとする.その箱の中はからっぽだ.

 

「中がからっぽの箱の体積」を1とする.体積はキャパでもいい.とにかく1だ.

 

その箱にa,b,cという3つの物を入れてみる.

 

a,b,cの大きさは a<b<c<1とする.1より大きい物は箱に入らないから物の大きさは必ず1より小さいとする(物の中身の質に関しては無視する).

 

箱の中にaを入れる.すると,箱の中の体積はaの分だけ減る.
数式であらわせば,aを入れたあとの箱の中の容積は  1-a となる.

 

次にbを入れる.箱の中の体積は 1-(a+b)となる.

 

次にcを入れる.箱の中の体積は 1-(a+b+c)となる.

 

もし,1の値が(a+b+c)であったとしよう. 1=(a+b+c) ということだ.

1-(a+b+c)1のへ(a+b+c)を代入すると

(a+b+c)-(a+b+c)=0  

つまり,箱の体積はゼロになった.箱の中にはもう何も入らない.

 

ここで,箱を「家」,体積を「利用可能なスペース」と置き換えてみる.

 

すると,(a+b+c)-(a+b+c)=0 は,

「ある家における利用可能なスペース」に「同じスペースを占める物を入れた」ため,利用可能なスペースがゼロになった状態をあらわす.

 

ぶっちゃけて言えば

 

うちの中全部に物ぶっこんだから,もうぎゅうぎゅうで入んねーよ!

 

ということだ.

 

2つの戦略


この状態でその家に暮らせる猛者はともかく,普通はある程度のスペースがなければ生活できない.だから,a,b,cのどれを家に入れるか入れないかという選択が必然的に生じる.

ここでの選択肢を大きさの順に並べると,小さいほうから

a < b < c < (a+b) < (a+c) < (b+c) < (a+b+c)

となる(細かいことは気にしないように).

 aの選択は家に入れる物を最少化すること(モノ最小化戦略)である.

一方,(a+b+c)の選択は,家に入れる物を最大化すること(モノ最大化戦略)である.

 


マキシマリストはモノ最大化戦略を選択をする傾向にあるだろう(放っておいたらそうなっただけかもしれないが).

 

 

 

一方,ミニマリストは日頃から極力モノを少なくして暮らす行動がみられる.したがって,ミニマリストはモノ最少化戦略を選択する傾向が強いことに異論はないだろう.そして,どんなモノであろうと3次元の物体であるならば,そのモノがある分,家の中の残ってる空間の体積は1より小さくなる.家に持ち込んだモノの数と家の中に残ってる空間の体積はトレードオフの関係にある.

ただし,家の中の体積と言っても重力ペンキはまだ実用化されてないので壁や床を自在に利用できるわけではないから,家の中の空間の体積は普通に床面積としよう.

 

言い換えればこうだ.モノ最少化戦略は,「モノを少なくすることによって家主がコントロール可能な床面積を多くすること」に他ならない.


では,床面積が大きいところと小さいところのどちらがモノ最少化戦略の効果が高いだろうか?もちろん床面積が小さいところ,すなわち狭い家だ.ブロガーでミニマリストなら最低でもスマホかノートPCは所有しているだろう.スマホにせよノートPCにせよ,6畳1Kと20畳1Kではそれらが空間に占める割合はとうぜん違ってくる.つまり,モノ最少化戦略の効果は家の床面積によって変わる.

 

では,家賃によってはどうだろうか?床面積が同じ家なら,家賃が高いほうが家の広さの価値は上がる.家賃が高い場合のほうがモノ最少化戦略はより効果を発揮する.家賃によってもモノ最少化戦略の効果は変わるのだ.

 

したがって,「ミニマリストが選択する傾向が強いモノ最少化戦略の効果は家の広さと家賃によって変わる」といえる.

 

世界で一番家賃が高い都市

 

では,世界のどの都市が最も家賃が高いのか?

 

それはシンガポールだ.

f:id:browncapuchin:20151215114445p:plain

http://info-graphic.me/wp-content/uploads/2015/02/infographic72_rent-of-the-world.jpg

 

家賃世界第1位はシンガポール,東京は5位.シンガポールは東京の1.68倍家賃が高い.ただし,床面積70平米で家賃を比較しているため,庶民の感覚からほど遠いけど.

 

ここまで展開してきたロジックの上では,「世界一家賃が高いシンガポールはミニマリスト(に共通した行動傾向であるモノ最少化戦略)のパフォーマンスを最も引き出す都市」となる.シンガポールじゃモノ増やさないほうがいいってことだ.


次に,家の床面積でみてみよう.

 

借り家住宅延べ床面積の日本最低は,やっぱり東京都だ.

http://uub.jp/pdr/h/home_8.html

f:id:browncapuchin:20151219092917p:plain

 

したがって,日本で最も家が狭くて家賃が高い東京は,ミニマリストのパフォーマンスを引き出す国内最高の地となる.東京でもモノ増やさないほうがいいのだ.

 

かれこれ20年以上前,筆者の恩師がこう言っていた.

 

「東京は家賃高いんだから,部屋にモノ増やしちゃダメなんだよね.一番値段高いのは家の空間なんだから.」

 

この言葉は正しかったのだ!

 

恩師はご家族が断りもなしに家具を増やすことに対して真剣に憤慨していた.また,市販の弁当を買うとどうしてもゴミが出ることについて本気で憂いていた.ミニマリストでもシンプルライフでも断捨離の人でもなかったが,資源を無駄に消費することに対して批判的で,総じて合理的な考え方をする人だった.

 

筆者もそうありたいので,外食したら家族が残した分まで食べ尽くすよう心がけている.ガジェットもなるべく増やしたくないが,iPod touch6とポータブルDVDプレーヤーを買ってしまった.Kindleだって今にもポチりそうだ.その分と言ってはなんだが,ついにモンスターハンターフロンティアのエクストラコースを切った.

browncapuchin.hatenablog.com

 

おわりに

 

動物は,自分が置かれた環境によって選択する行動や意志決定を変える.それは人間も同じである.

筆者の恩師だって,家賃が安くてそれなりに広い家が多そうなところ,例えば借り家の一畳当たり家賃が全国最低かつ床面積の広さ3位の青森県や,家賃下から4位で広さ2位の佐賀県なんかに住んでたら,家具が一つ二つ増えようが何も言わなかった違いない.


結論はいたってシンプルだ.

環境によって人の考え方や行動は変わりうるのだ.

 


きっとミニマリストだってそのはずだ.安くてだだっ広い家に住み替えてもやっぱりミニマリストな人はいるだろうが,そうじゃなくなる人もいるに違いない.

 

なお,筆者は今でも靴の数だけはミニマリスト級です(靴4足しか持ってませんから).

ではまた!

 

大東京ビンボー生活マニュアル(1) (モーニングコミックス)
by カエレバ
大東京ビンボー生活マニュアル(2) (モーニングコミックス)
by カエレバ
大東京ビンボー生活マニュアル(3) (モーニングコミックス)
by カエレバ
大東京ビンボー生活マニュアル(4) (モーニングコミックス)
by カエレバ
大東京ビンボー生活マニュアル(5) (モーニングコミックス)
by カエレバ