読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新幹線の喫煙ルームを避けるのに最適な座席まとめ

備忘録
【スポンサーリンク】

なんでだす?なんで全車禁煙の新幹線が煙草臭いんだす?

先日,久しぶりに東海道・山陽新幹線に乗りました.以前,単身赴任していたときは毎週始発に乗って,金曜夕方名古屋から帰京.「名古屋からの自由席は座れないことも多かったなあ」,などと思い出してちょっと懐かしい気分に.

でも,東京駅を出発して品川駅に到着する間のごくわずかな時間に,これまで新幹線に乗って感じたことのない異臭を感じました.全車両禁煙のはずなのに,煙草臭い.なんでだす?(この記事の初稿を書いたのが,NHK連続テレビ小説「あさが来た」放送中だったものでして...)

 
正体はすぐ判明しました.いつの間にかデッキに設置されていた喫煙ルーム(!)から煙が漂ってきていたのです.

さらに悪いことに,煙草の臭いの発生源はそれだけじゃありませんでした.スーツ姿の男性が頻繁に喫煙ルームを往復していて,彼が通り過ぎる度に煙草臭くなるのです.彼自身に染みついた煙草の臭いが異臭発生源になっていました.「臭いニオイは元から断たなきゃダメ!」というフレーズは昔懐かしいトイレ消臭剤のCMフレーズ.何年かぶりに思い出してしまいました.

JR東海が新幹線のぞみに喫煙ルームを導入したのは2007年とのこと.まったく知りませんでした.喫煙ルームの近くに指定席をとってしまったら,新幹線に乗っている間,ずっと煙草臭い不快な思いを強いられることになります.実際強いられました.次からはなんとか避けたい.「今度は喫煙ルームから離れた車両を予約しようね」と家族と話しました.

新幹線で煙草の煙と臭いから身を守るには?

では,煙草の煙,臭いから身を守るにはどの車両のどの座席がいいのでしょうか?

方法の一つは,少なくとも喫煙ルームが設置されている車両からなるべく離れた位置に座席を予約することです.そして,座席の取り方も一工夫したほうがいいでしょう.

窓側A席がベスト

一人で新幹線に乗る場合は,3人がけの窓側A席が最善です.

理由は2つあります.①通路側C席・D席は席を立ちやすいので,喫煙者はそこを予約する可能性が高いから.②2人がけの窓側E席だと,隣に喫煙者がいたらマスクをするくらいしか防衛手段がないから.

さらに,3人がけの窓際A席なら,C席に喫煙者が座ったとしても,隣のB席に人がいない場合には空きスペースがバッファになりますし,B席に非喫煙者が座ってくれたらバリケードになります(盾になって下さってありがとうございます).

家族での移動ならたいてい3人がけA〜Cか,D・Eを前後で予約するのが一般的なので,とにかく喫煙ルームから遠い位置を確保するしかありません.

この位置が現時点での最適解

では,何号車のどの席が喫煙ルーム回避の最適解になるのでしょう?

N700系の喫煙ルームは次の4車両のデッキに設置されています.
・3号車(博多寄り)
・7号車(東京寄り)
・10号車(東京寄り)
・15号車(博多寄り)

f:id:browncapuchin:20160226155915p:plain

 出典:車両のご案内|JR東海

 

◆この図を見る限り3号車(博多寄り)の喫煙ルームに対しては,1号車の博多側,つまり1号車1A,2人なら1E・1D,3人なら1A・1B・1C,4人なら1E・1D,5人なら1A〜1Dとなります.

f:id:browncapuchin:20160226153752p:plain


◆次に,7号車(東京寄り)の喫煙ルームに対しては,3号車(博多寄り)喫煙ルームも考慮すると5号車の真ん中辺り一択となります.

f:id:browncapuchin:20160226154458p:plain

 

◆10号車(東京寄り)の喫煙ルームに対しては7号車(東京寄り)の喫煙ルームも考慮するとグリーン車になってしまいますが,私はグリーン車はよほどのことがない限り使わない(使えない)ません.ですから,10号車(東京寄り)と15号車(博多寄り)の喫煙ルームに対する場所を選定します.候補は12号車と13号車です.12号車なら東京側,13号車なら博多側がいいでしょう.

f:id:browncapuchin:20160226155026p:plain

f:id:browncapuchin:20160226155131p:plain

 
◆最後は16号車の東京側です.ただし,16号車は喫煙ルームからほぼ独立しているので,15号車に通じるドア付近以外ならあまり影響がないかもしれません.

f:id:browncapuchin:20160226160148p:plain

最適な座席のまとめ

以上から,喫煙ルームを避けやすいと座席の位置をまとめておきます.これらの座席もしくはその近くなら,喫煙ルームから漂う煙草の煙の被害をかなり軽減しやすいでしょう.

1号車1A〜E,2A〜E
5号車9A〜E,10A〜E
12号車19A〜E,20A〜E
13号車1A〜E,2A〜E
16号車14A〜E, 15A〜E

みどりの窓口と旅行代理店に行くときは,これをメモして持っていくことにします.煙草および喫煙者からの被害をなるべくおさえ,快適な移動・旅行を楽しみたいものです.

おわりに:喫煙ルームはアカンという主張

新幹線はもちろん,「屋根のあるところは完全禁煙にすべきである」と日本禁煙科学会理事長の奈良女子大学高橋裕子教授が述べています.

 当初、東海道新幹線に禁煙車が1両しか設けられず、なかなか増えなかったのは、喫煙者に過度の配慮があったからではないでしょうか。1988年、日本航空が羽田―大阪を禁煙化し、たばこを我慢できない乗客を新幹線に取り込む狙いもあったと思う。

 実際に禁煙車を導入すると、シートの焼け焦げや壁が黄色くなるのを防げ、車内清掃などでコスト削減効果があった。思いがけないメリットもあったわけです。

 世界保健機関(WHO)が2003年に受動喫煙を防止する条約を採択し、世界的に受動喫煙の危険が叫ばれるようになった。翌04年ごろには、わずかなたばこの煙を吸っても心筋梗塞(こうそく)などの冠動脈疾患になる割合が上がり、喫煙後の呼気や服に付いたニコチンなども有害であることがわかってきました。

 フランスの高速鉄道TGVは、04年12月に全面禁煙になっている。欧米では「屋根のあるところは禁煙」が基本です。

 厚生労働省の調査では、12年の日本の成人喫煙者は人口全体の20・7%で、8割はもはや吸っていない。東海道新幹線も完全禁煙化すべきではないでしょうか。(新幹線は、いつになったら完全禁煙化されるのか - 夢と希望と笑いと涙の英語塾

 JR東海は,今や希少となったニッチ層の客を取り込むべく,喫煙ルームを設置したわけですね.見事な差別化です.

東海道・山陽新幹線は今日も喫煙ルームを乗せながら走っています.明日も明後日もそうでしょう.それが現実です.喫煙ルームの利用者は己そのものが臭い存在と思われていることなど何とも思っていません.自分の身は自分で守りましょう.

ではまた!

関連記事

browncapuchin.hatenablog.com

喫煙者を採用しない企業は星野リゾートだけじゃない
入院するとき,あなたは「禁煙誓約書」にサインできますか?