読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消費税抜き3000円未満で文句なく美味しいワイン赤白泡BEST5

ワイン
【スポンサーリンク】

はじめに


このエントリーは,7年以上ほぼ毎日1本ワインを空けてきた筆者が選ぶ消費税抜き¥3,000以下赤・白・泡(スパークリング)BEST5です.2013とか2014とかのヴィンテージによる違いもさほどないワインを選びました.

なお,抜栓して時間が経ってから本領発揮するようなワインは正直言って気楽に飲めないことが多いです.例えばこれ.

item.rakuten.co.jp

当時は安いところだと¥2,000以下で買えました(昨今はずいぶん値段上がりましたね...残念).とても良いワインなんですが,抜栓して3時間放置したくらいじゃ開きませんでした.

また,ブルゴーニュワインも同様に気難しいワインがとても多いです.そういうワインは正直言って紹介できません.

このエントリーでは自分が飲んでみて美味しかったものしか取りあげませんが,ワインはどうしても個体による当たり外れがあります.買って飲んだら美味しくなかった...という場合もありますので,ご容赦いただければと思います.

白ワイン

第5位 シャトーメルシャン 甲州きいろ香(¥2,000台)

ワイン漫画『神の雫』で取りあげられていたので買ってみました.マンガの影響か,近所のスーパーでも一時期取り扱われていました.

item.rakuten.co.jp

 

第4位 ドメーヌ・ジュリアン・メイエー メール・エ・コキアージュ (¥2,000台)

これも『神の雫』から.なにしろ影響されやすい質なので...
自然派ワインです.でも,これは好き嫌いあるかもしれません.酸味が強めでした.

item.rakuten.co.jp


第3位 蒼龍 勝沼の甲州 樽熟成(¥1,000台)

マンガ『美味しんぼ』にも取りあげられていたとは知りませんでした.学生時代は週刊ビッグコミック・スピリッツ読んでたし,コミックも買ってたんですけどね.でも,『クッキング・パパ』読み始めたら駆逐されてしまいました.『クッキングパパ』は実用書.おかげさまで料理できるようになりました.『美味しんぼ』は思想書ですから...

このワイン,近所の某所食品売り場の日本産ワインコーナーにひっそり置いてありました.何となく買ってみたら当たりでした.

item.rakuten.co.jp

 

第2位 コノスル ゲヴァルツトラミネール ヴァラエタル(¥1,000未満)

何しろ,コノスルはコスパ良いです.飲み口軽いです.物足りない人にはジュースみたいな味です.でもその気楽さが何より.ヴィオニエも良いんですけど,私はこっちのほうが好きです.料理にも惜しげなく使えます.

item.rakuten.co.jp

 

 第1位 レ・コンテッセ ヴェルドゥツオ フリザンテ NV(¥1,000台)

微発泡ワインです.白とスパークリングの中間といった感じ.白でもスパークリングでもないけど,すっきりしたワインを飲みたい気分のときにぴったり.夏は冷蔵庫に常備したいです.スクリューキャップなのでほんとお手軽.『女性自身』とか『ワイナート』でも取りあげられたことがある模様.たしか30%OFFで安売りしてて美味しそうだから買ってみたら当たりでした.

在庫少ないみたいなので正直言って紹介したくないです.

item.rakuten.co.jp

 

赤ワイン

抜栓してすぐ楽しめるワインたちです.スクリューキャップが3つ含まれてますが,スクリューでも美味しいワインは増えてきてるようです.コルク栓を抜栓中に折ると,心が折れるんですよ...

普段飲むのは赤ワインが主です.普段飲みデイリーワインの価格も,¥2,000台→¥1,000台→¥1,000未満へと徐々に移行しました.安いワインでも,まずい口に合わないと長く飲むことはできないんですよね.

以下の赤ワインBEST5は,筆者のデイリーワイン選択の変遷にかなり合致しています.


第5位 タービルク シラーズ(¥2,000台 注:ショップによって¥3,000台です)

オーストラリアワイン飲み比べセットに入っていた中で一番美味しかったのがこれです.うちの親も同意見.親はラベルの模様から「亀のワイン」と呼んでいます(亀じゃないだんですが).ワイン代最小化戦略とってから私があまり買わなくなったせいでしょうか,以前買ってたショップは品切れのまま,こちらでは取り寄せになってます.

item.rakuten.co.jp

 

第4位 ヒメネス・ランディ バルディニエブラ(¥2,000台)

スペインワインも,抜栓してわりとすぐに楽しめるものが多いと思います.スペインワインセットに入ってました.ヒメネス・ランディはまだ10年ほどしか歴史がない新生ワイナリー.良いですよ.たまにしか飲めないのが悲しい.

item.rakuten.co.jp

第3位 コノスル シラー ヴァラエタル(¥1,000未満)

そのへんのスーパーで普通に売ってるコノスルですが,シラーは扱っていないお店もちらほら.安くて美味しいコノスルの中でも,これは普段飲みの定位置を獲得.今のところ,ワイン代最小化戦略最終防衛ラインです.これより安い,キンタ・ラス・カブラスという¥500クラス(セブンイレブンでも売ってます)も試したんですが,コノスルに戻してしまいました.

item.rakuten.co.jp

第2位 ドメーヌ・ショオ マスカット・ベーリーA(ぎりぎり¥2,000台)

「なにこれこのワイン!」とびっくりぽんなワインでした.宣伝文章に「スルスル飲めます」と書いてありましたが,ほんとにするする飲みました.ダシ(出汁)感を大切にするワインを作る新潟のドメーヌ.生産量が少ないため売り切れ続出で極めて入手困難です.これも紹介したくなかった.このドメーヌ,他のワインも良いです.

【追記】今では入手不可になってしまいました.ドメーヌ・ショオのワイン自体,楽天・Amazonでの取扱自体がとても少ないです.ショップで見かけたら迷わず購入することをオススメします.

 

第1位 ウマニ ロンキ ヨーリオ モンテプルチアーノ ダブルッツオ(¥1,000台)

お店でワイン飲む機会があったのでリストを眺めてたら良心的な値段設定だったので,久しぶりにこれを飲みました.やっぱり良かったです.抜栓してすぐでも美味しく飲めるのが何よりです.近所のドンキにも置いてありました.ドンキの品揃えはあなどれない.¥1,000代だとダントツです.

item.rakuten.co.jp

 

 

泡(スパークリングワイン)

スーパーとかお酒の量販店で普通に売っている,フレシネ・コルドン・ネグロとか,ロジャー・グラート,ジェイコブス・クリーク,クックスなんかもコスパ悪くないので,スーパーでポイント5倍セールしてるときなんかつい買い物かごに入れてしまいます.KVWも良いですね.スパークリングワインはしっかり冷やしてから吞みましょう.

スパークリングってワインの中でも非日常モノなんですよね.デイリー価格でもデイリーじゃない.上にあげたのもいいですがワンランク上のも味わいたい.

そんなときにオススメする4本です.

特売以外で¥3,000以上¥4,500以下だとこれがダントツでした.入手しにくいのが残念.

番外 ジュリアン・メイエー クレマン・ダルザス ブリュット・ゼロ (税抜き¥3,900)

item.rakuten.co.jp

 

税込み¥3,000以下でワンランク上の味わいのスパークリングワインについては経験値が低いので,BEST4まででご勘弁ください.

 

第4位 ジュリアン・メイエー クレマン・ダルザス・N.V. (¥2,000台 注:ショップによって¥3,000台)

自然派ワインのドメーヌ,ジュリアン・メイエーの泡です.素直に美味しい.

item.rakuten.co.jp

 

第3位 カバ・ビブラシオンス・ブリュット・ナチュレ・レセルバ・N.V.

(¥2,000台)

グラス付きだったので試してみました.これは良かったです.今はグラスセットでの販売はしていないみたいです.生産者はジョセップ・マサックス.

item.rakuten.co.jp

 

第2位 プロセッコ ブリュット ザルデット(¥1,000台)
ラベル変更前後のものが混在するようで,画像の緑ラベル以外にもZと大きく書かれているものもあります.マンガ『神の雫』で,¥1,000台で美味しい泡と取りあげられていたので試してみたらほんとに美味しかった.

 

 ちょっと高いけど,6本で送料無料のショップもあります.

item.rakuten.co.jp

 

 

第1位 サバルテス カヴァ ブリュット(¥1,000台)

必ずストックしています.もうちょっと安く売ってたショップでは完売したみたい(筆者のせいじゃない...かと).円安だとどうしても値上がりが避けられない.関税撤廃してほしいです.

item.rakuten.co.jp

もっと安くてもっと美味しいワインはもっとたくさんあると思います.世界には,それこそ星の数ほどワインがあります.筆者は,「良かった」「美味しい」以外の表現がほとんどできません.トロピカルフルーツのアロマって言われても,トロピカルフルーツって熱帯原産の果実のことで何種類もあるけどどの果実を指してるのかわからないし,煙草のアロマとか言われても煙草吸わないからわかりません.でも,まずかったそうじゃなかったワインは二度と買いません.


そんな筆者が書いたこのエントリーが,新たなワインとの出会いのお役に立てれば幸いです.

ではまた!