おまきざるの自由研究

好奇心の赴くままに

賃貸不動産経営管理士は1ヶ月で受かる!難易度,合格点,合格率,勉強法,試験直前の様子について

【スポンサーリンク】

【追記】2018.1.13 合格通知が届きました.通知は紙一枚でした(登録申請書類が同封されています).

f:id:browncapuchin:20180113160358j:plain

平成29年度賃貸不動産経営管理士試験を受験:自己採点は33点→合格しました

2017年11月19日,平成29年度賃貸不動産経営管理士試験を受けてきました.

LECおよびKenビジネススクールの解答速報で自己採点したところ,どちらも33点/40点.この点数なら合格でまず間違いないでしょう→合格しました(2018.1.12)【追記2017.11.22:TACは問8の解答を1or2にしているため,1が正答の場合は32点】

筆者は平成28年度宅地建物取引士試験に合格,その後不動産キャリアパーソンも合格し,宅建登録実務講習も済ませました.

マンション関連資格は考えなかったですが,不動産関連でもう一つ資格を取得しておこうと思い,今回の賃貸不動産経営管理士試験を受験した次第です.

とはいえ,試験勉強をはじめたのは10月の半ばくらいから.平成27年度過去問を最初に解いたときは20点しかとれず・・・.

それでも(おそらく)合格点に達しました(→合格しました). 宅建をきちんと勉強している方なら賃貸不動産経営管理士試験は1ヶ月で十分合格できます.

試験概要

賃貸不動産経営管理士試験の概要は次の通りです.

賃貸不動産経営管理士試験概要
試験日
11月第3日曜
申込期間
8月第3月曜〜9月最終金曜
試験実施団体
一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会
試験受付
同上 受付センター
受験資格
なし
試験会場
全国11地域36会場(札幌,仙台,東京,横浜,金沢,名古屋,大阪,広島,高松,福岡,沖縄)
受験料
12,960円(消費税込)
受験申込
郵送のみ
登録要件
宅建士,又は協議会が認める賃貸不動産関連業務に2年以上従事している又は従事していた者
出題数
40問(マークシート方式)
試験時間
90分(途中退出なし)
事前講習による免除
あり(4問)

 

平成29年度試験各都市の会場(例えば札幌北海道自治労会館,仙台はTKPガーデンシティ仙台等3ヶ所など)の情報はこちらにまとめました.


宅建と違い,試験会場数がまだまだ少ないです.

平成30年度試験は11月18日に実施されます.希望受験地の宿泊先は早めに決めておく方がいいかもしれませんね.

出題範囲

賃貸不動産経営管理士試験の出題範囲は次の表の通りです.

多岐にわたっていてたいへんそうに見えるかもしれません.でも実は宅建とかなり重複しています.宅建受験者は非常に有利です.

賃貸不動産経営管理士試験出題範囲
1 賃貸管理の意義・役割をめぐる社会的状況に関する事項
2 賃貸不動産経営管理士のあり方に関する事項
3 賃貸住宅管理業者登録制度に関する事項
4 管理業務の受託に関する事項
5 借り主の募集に関する事項
6 賃貸借契約に関する事項
7 管理実務に関する事項
8 建物・設備の知識に関する事項
9 賃貸業への支援業務に関する事項(企画提案,不動産証券化,税金,保険等)

試験出題内容・難易度

難易度

次の項目以降でも繰り返しますが,問題文ひとつひとつの難易度は低いです.基本的な事項について平易な,それこそテキストからそのまま抜いてきた文言が登場します.

宅建のような複数の知識を一文に詰め込みしかも引っかけるようないやらしい問題は今のところありません.もちろん引っかけポイントは特に誤判定の文に混ぜられていますが,それは読んでて「これはおかしいよね」と判断できるものばかりです(焦って気が回らないと見落としますのでご注意ください)

最重要ポイントは賃貸借契約・借地借家法

40問のうち,実は出題範囲6の賃貸借契約に関する事項が10問程度を占める最重要ポイントになっています.

特によく出題されるのが定期建物賃貸借,必要費,有益費,造作買取,賃借人の義務・賃貸人の権利,賃貸借契約の終了,保証など.どれもこれも宅建で勉強することばかりです.借地借家法はよく復習しておきましょう.

ほかにも法令上の制限(建築基準法),宅建5問免除問題の建物や不動産関係統計,固定資産税等の税金関係も出題数は少ないながら重複しています.

過去問を見ればわかる通り,問題文自体はとても平易で選択肢ひとつひとつの難易度は低いと言えます.宅建でしっかり勉強した方なら問題の傾向を確認するくらいで十分対処できるでしょう

賃貸住宅管理関係分野はきちんと押さえること

一方,当たり前ではありますが,試験には宅建の勉強ではまったくカバーできない,賃貸不動産経営管理士試験独特の問題が登場します.

それは,3の賃貸住宅管理業者登録制度に関する事項4の管理業務の受託に関する事項7の管理実務に関する事項です.

これらについては宅建とはまったく異なる知識なので,知らないとどうしようもありません.

逆に言えば,基幹事務等について知ってさえいればどうということはないのです.ちなみに倫理面に関してはそれこそ文章を読むだけで解けるものが出題されてきました.

これらについては公式テキストや試験対策テキスト・問題集を2回やれば困ることはまずありません.

ただし,8の建物・設備の知識に関する事項はやたら細かい問題が出ることもあります.

今年度の問題の問31から選択肢イだけ引用します.

【問31】 消防用設備等に関する次の記述のうち,不適切なものはいくつあるか
イ 消火器の詰め替えは,5年に1回程度,粉末(消火剤)の交換は8〜10年くらいのサイクルで実施するのが望ましい.

 

これは公式テキストp.858に記載されている文言そのままなのですが,筆者はイの問題まではチェックしていなかったので外してしまいました(試験対策テキストではp.351の欄外コメントに小さい字で書かれてました・・・)

でも,そこまで細かいことを頭に入れずとも十分合格点をとれるはずです.

難易度は上がった:平成29年度試験での大きな変更点

これまでとは違い,平成29年度試験には個数問題・組み合わせ問題が導入されました.想定外でした.

しかも第1問がいきなり不動産関連統計問題で個数問題という変化っぷりには面食らいました.

実は問題が配付されたとき,表紙から宅建でよく見たこの回答方式が透けて見えていました.

1 1つ
2 2つ
3 3つ
4 4つ

そして第1問のショックを引きずったままページをめくった第2問には追い打ちのようにこれが・・・

1 ア,ウ,オ
2 イ,エ,オ
3 ア,イ,ウ
4 エ,オ,カ

結局,個数問題3問,組み合わせ問題7問と全体の1/4を試験初登場の解答形式が占めました.

4択問題は正解をどれか一つ選べばよいのに対し,個数問題・組み合わせ問題は基本的にすべての肢の正誤判定をするのが鉄則です(組み合わせ誤っている肢を探すのが先ですが).それだけ個数問題・組み合わせ問題はコストを余計に払わなければなりません.試験の難易度は確実に上がったと言えます.

とはいえ,問題文そのものは平易で,宅建のように知っていても惑わされるひねくれたものはありません.

平成29年度試験問題

平成29年度の問題は以下の通りです.

平成29年度賃貸不動産経営管理士試験出題内容
1 賃貸不動産をとりまく社会的情勢(統計):個数問題
2 賃貸不動産経営管理士の業務:組み合わせ問題
3 賃貸住宅管理業者登録制度
4 賃貸住宅管理業者登録制度
5 管理受託契約
6 賃貸住宅管理業者登録制度
7 賃貸住宅管理業者登録制度の基幹事務
8 サブリース方式による賃貸管理:個数問題
9 サブリース方式による賃貸管理(原賃貸借契約の終了)
10 借り主の募集:組み合わせ問題:組み合わせ問題
11 借り主の募集・入居者決定
12 定期建物賃貸借:組み合わせ問題
13 賃貸借契約(解約申入れ)
14 敷金の承継
15 賃貸借契約の保証
16 賃貸借契約当事者の相続発生時の権利関係:組み合わせ問題
17 賃貸建物の修繕
18 賃貸借契約の解除
19 賃貸借契約(契約書):組み合わせ問題
20 賃貸借契約の更新
21 賃料改定
22 内容証明郵便と公正証書
23 未収賃料の経理上の処理
24 ガイドライン
25 住環境の整備
26 ガイドライン
27 ガイドライン
28 共同住宅の避難施設
29 耐震
30 給水設備・給湯設備
31 消防用設備:個数問題
32 賃貸用建物の企画提案
33 プロパティマネジメントとアセットマネジメント
34 保険
35 必要経費:組み合わせ問題
36 不動産賃貸経営
37 賃貸不動産管理の重要性(4問免除)
38 賃貸不動産経営管理士の倫理憲章:組み合わせ問題(4問免除)
39 雨水による漏水・浸水(4問免除)
40 換気設備(4問免除)

 

賃貸不動産経営管理士講習を受講すると4問免除されます.1点を争う試験では4点の効果は大きいです.

4問免除問題の範囲と傾向についてはこちらに書きました.

賃貸不動産経営管理士試験の合格点と合格率:平成29年度合格点は27点,合格率は48.32%

直近5回(平成25年〜平成29年)の合格点,合格率,合格者数が下の表です
http://www.lec-jp.com/chintai/about/difficulty.htmlより)

賃貸不動産経営管理士試験結果
年度 合格点 合格率 合格者数
平成29年度(2017年度)
27点
48.32%
8,033
平成28年度(2016年度)
28点
55.89%
7,350
平成27年度(2015年度)
25点
54.58%
2,679
平成26年度(2014年度)
21点
76.86%
3,219
平成25年度(2013年度)
28点
85.80%
3,386

 

平成28年9月から賃貸住宅管理業者登録制度登録業者は事務所毎に賃貸不動産経営管理士または6年以上の実務経験者を置くものとし,賃貸人への重要事項説明と記名・押印が必要となりました.その影響で平成28年から受験者数が急増.

そのせいもあってか合格率は平成27年に54.58%と急落しました.

そして平成29年度の受験者数は16,624人と過去最高になりました.

しかも平成29年度は予想しなかった個数問題・組み合わせ問題が登場.問題文自体は平易とはいえ,昨年より難度は上がったと言えます.

実際,合格率は平成29年度試験で初めて50%を切りました.

合格率50%前後というのは4択問題としては破格です.とはいえ来年度からの試験はなめてかからないほうが懸命でしょう.

それでも宅建受験者は10月の試験終了後,1ヶ月程度勉強すれば合格できる試験だと思います.

合格点についてはこちらに書きました.平成29年度度試験は割れ問が2問もあったのです.

賃貸不動産経営管理士は1ヶ月の勉強で受かる:勉強法,試験直前の様子

◆すでに述べたとおり,賃貸不動産経営管理士の試験内容は基本的に宅建で勉強する借地借家法の借家部分が10問,さらに法令上の制限(建築基準法),宅建5問免除問題の建物や不動産関係統計,固定資産税等の税金関係などの知識はそのまま生かせます.過去問をチェックして念のため公式テキストや問題集に目を通しておきましょう.

◆一方,賃貸不動産経営管理士試験独特の問題は3の賃貸住宅管理業者登録制度に関する事項,4の管理業務の受託に関する事項,7の管理実務に関する事項については特に難しいことはありません.過去問,テキスト,問題集を2周すれば十分でしょう.

消火器のような細かい問題についてもフォローしておきたい場合は2周と言わず精読したほうがいいとは思います.しかしながら,建物等に関する知識はけっこう範囲が広いのでそこに労力を割くよりも,借地借家法と登録制度・基幹事務・管理業務を中心におさえたほうが確実に点をとれると思います.

◆一つだけ来年度受験への注意をあげるとすれば,今年初登場の個数問題・組み合わせ問題についての勉強法です.

これは宅建の勉強ですでにしていたことですが,勉強法は四択問題4つ全ての肢問の正誤判定を日頃から行う訓練をしておくことに尽きます.

「なんとなくこれは正しい,間違い」ということではなく,必ず正誤判定とその根拠を書く癖をつけましょう.そうすれば個数問題・組み合わせ問題もどうということはなくなります.

◆合格に必要な勉強時間は知識のバックグラウンドによって人それぞれ,としか言いようがありません.宅建や管理主任者等不動産関連資格の受験者なら1ヶ月,おそらく30時間くらいでしょうか.

一方,なんらバックグラウンドがない場合はなんとも言えません.まずは過去問3年分全部を時間を計って解き,公式テキストもしくは試験対策テキストを読んで正解を見つけることから始めてみるのがいいかもしれません.あとはテキスト・問題集・一問一答を繰り返して弱点を補強しましょう.

◆借地借家法は「宅建みやざき塾」の宮﨑先生のYoutube動画がとても参考になります(宮﨑先生には宅建の勉強でたいへんお世話になりました).検索すればすぐヒットします.特に初学者の方は必見です.

試験当日:直前の様子

◆試験は13:00〜14:30までの1時間30分です.

◆12:40になると試験に関する注意事項等の説明が始まります.ここからは参考書等をしまわなければいけません.

あまり大きな声では言えませんが,こういう試験のときはあらかじめ自分が座る席を確認して受験票や筆記用具をセットしていれば1分1秒を惜しんでぎりぎりまで階段の踊り場等で勉強するのはアリだと思います.

試験中はティッシュも机上に出してはいけません.目薬等が必要な場合はその都度試験官に申し出るよう指示されました.原則として時計・筆記用具・消しゴム以外はカバンにしまいます.シャープペンの0.5mm等予備芯をケースに入れたまま机上に出しておくのは不可です(芯を装填するよう注意されます).鉛筆削りもしまうよう注意されます.携帯電話・スマートフォンは通信機器類封入袋に入れ,封をしてイスの下に置きます.基本的に宅建と同じ要領です.

◆FP試験とは異なり,受験室からの途中退出はできません.

40問90分の試験ですが,今回は80分かかりました.個数問題・組み合わせ問題で時間を食ったせいです.WEBで公開されている過去問はまだ平成27年度分からしかありませんが,平成29年度の問題は前2年のものとは別物と思って取り組んだ方がいいかもしれません.

f:id:browncapuchin:20171121174439j:plain

賃貸不動産経営管理士受験用テキスト・問題集

予想問題がついに発売されたので早速買いました.前半が過去問+予想問題1回,後半が解答解説という構成です.後半部分を分離できるよう製本されています.分離すると厚さ1cm,A5サイズなのでコンパクトに持ち運べます.解説は試験対策問題集よりも丁寧.まずはこれを買って平成27〜29年度過去問を一通り解き,解説まできっちり読むことをオススメします. 

1回で合格!賃貸不動産経営管理士 過去&予想問題集’18年版

1回で合格!賃貸不動産経営管理士 過去&予想問題集’18年版

 

 

対策問題集・対策テキストは新版が発売されます.Amazonにて予約受付中.

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

  • 作者: 賃貸不動産経営管理士資格研究会
  • 出版社/メーカー: 建築資料研究社
  • 発売日: 2018/05/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

  • 作者: 賃貸不動産経営管理士資格研究会
  • 出版社/メーカー: 建築資料研究社
  • 発売日: 2018/06/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

公式テキストの新版は発売されないようです.

Amazonでの流通量は減る一方でしょう.早めの購入をお勧めします.→そう思っていたのですが在庫復活したみたいですね.

 

プライバシーポリシー/Copyright©2015-2018 おまきざるの自由研究 https://browncapuchin.hatenablog.com